« キャトル宮古校、開校に向けて準備中です♪ | トップページ | 春らしい教室 »

2018年4月18日 (水)

じゃじゃ麺

仙台市(泉区・青葉区・宮城野区)・多賀城市・富谷町・大和町
の方に親しまれているパソコン教室 YESパソコン学院

 

初心者大歓迎  資格取得MOS)  趣味系講座 好評開講中

 

学生さん  主婦の方  就活中の方  社会人  シニア
の皆様が目標に向かってお勉強しています

お車でお越しの方にも嬉しい無料大駐車場完備


ホームページはコチラhttp://www.yes-n.co.jp

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。..。.:**:.。..

どうもこんにちは。
最近娘が小学生になり、時の流れを感じている泉中央駅前校の吉田です
 
さて、今回は盛岡に行った際にじゃじゃ麺を食べた時の話です。
まずはじゃじゃ麺をご存じない方に向けてじゃじゃ麺のご説明を。
以下、Wikipediaより引用
 
盛岡じゃじゃ麺(もりおかじゃじゃめん)は、岩手県盛岡市でわんこそば、冷麺と並んで「盛岡三大麺」と称される麺料理のひとつ。
戦前、現在の中国東北部にあたる旧満州に移住していた後の「白龍(パイロン)」の初代主人である高階貫勝が、満州時代に味わった「炸醤麺(ジャージアンミエン)」を元に、終戦後の盛岡で日本の食材を使って屋台を始め、そこで盛岡人の舌にあうようにアレンジをくりかえすうちに、「じゃじゃ麺」としての独特の形を完成させたといわれる。
中華麺とは異なり、じゃじゃ麺用の平打ちうどんかうどんのように感じられる独特の麺に、特製の肉味噌とキュウリ、ネギをかけ、好みに合わせてラー油やおろしショウガやニンニクや酢をかけて食べる。
麺を食べ終わった後の器に、卵を割り肉味噌を加え、茹で汁を注いでかき混ぜたスープを「鶏蛋湯(チータンタン)」と言う。
多くの場合、客が注文を出してから生麺を茹で始める形式であり、(立ち食い蕎麦などと比較して)調理に時間を要する。 盛岡周辺を中心とした岩手県で食べられている郷土料理である。



つまり要約すると、岩手で独特な進化を遂げた中国由来の麺料理です。

今回食べたのはじゃじゃ麺の元祖でもある「白龍」のじゃじゃ麺です!
P_20180416_130607
写真は中盛です。ちなみに赤いのは板状の紅しょうがです。

私は岩手県南の水沢出身なのですが、実はじゃじゃ麺を初めて食べたのはつい最近の話です。
同じ岩手でも盛岡エリア以外では食べられるお店も少なく、岩手に住んでいても1度も食べた事がない人がかなりの数いる料理でもあります。

じゃじゃ麺の特徴としては自分で好みの量の酢、ラー油、ニンニク等を入れて味を調整する所にあります。
これが中々の曲者で、自分の好みにバシッと合った調合が出来た時はかなり美味しいの
ですが、うまくいかなかったときの残念さは計り知れません。。

ですので、初めて食べる方は少しずつ入れる事をお勧めします。
ちなみに酢は必須と言えるくらい味が激変して美味しくなりますので参考にしてください。

機会があったら是非皆さんもご賞味あれ!



:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+


YESパソコン学院 八文字屋書店泉校

TEL:022-773-8461

URL:http://www.yes-n.co.jp/ 

 

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

« キャトル宮古校、開校に向けて準備中です♪ | トップページ | 春らしい教室 »

泉中央駅前校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃ麺:

« キャトル宮古校、開校に向けて準備中です♪ | トップページ | 春らしい教室 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ