« 花粉症・・・ではなく! | トップページ | 中華食べてきました♪ »

2016年2月25日 (木)

今年の花粉と対策についての件!

みなさん、こんにちは!!

イオン渋民校の佐々木(満)です。

今年の冬は結構暖かいですね(`・∞・´)!雪も例年に比べものすごく少なく感じます。。

生徒さんは今年は水不足になると騒いでおりました

3月に入ってどか雪が降らないことを祈っています( ´・ω・`)

わたし的に暖冬は嬉しいのですが、この暖冬のおかげで早くも苦しんでおります…

それはなぜか!花粉が飛び始めたからである!!!!

今年は例年に比べて早いそうです。

加えて、去年の2~3倍はあるそうでアレルギー体質の佐々木さんは辛い、辛い、辛い・・・・

日本人の4人に1人は花粉症と言われています。辛いのはわたしだけではない!!

日本人の大半は花粉症で悩んでいるんですね( ´;ω;`)ブワッ

春の花粉は杉だけではないのです。ヒノキ花粉もあるのです。

わたしたちのような花粉症の人は杉とヒノキのWパンチで症状が長引く人もいます。

そこで花粉の対策ですが、

1. 口呼吸ではなく鼻呼吸を!!

花粉で鼻ずまりがひどくなると、無意識で口呼吸になりがちです。口呼吸のなると、自然と花粉は入ってきます。そうなれば症状は悪化していくばかりです。そんな人はガムをかむことをオススメします。ガムを噛むと自然と鼻呼吸になるからです。

2. ヨゴレ腸をきれいに!!

便秘や冷たい飲み物、食べ物が好きな人は、大腸が正常に働かずに腸内環境が悪化した、いわゆる「ヨゴレ腸」の可能性があります。

腸には免疫細胞の約6割が集中し、「腸管免疫」といって免疫機能をつかさどる重要な役割を果たしていますが、冷たい物を摂り過ぎると「ヨゴレ腸」になり、免疫機能は低下してしまいます。
そこで腸内環境を改善するために、ヨーグルトなどの乳酸菌を摂ったり、キムチなどの発酵食品を摂ることも有効ですが、
今注目されているのは「リンゴ」。リンゴに含まれる水溶性食物繊維「ペクチン」は腸内環境を整え、免疫力を高めるとともに、花粉によるアレルギー反応を抑える働きがあるといわれています。

3. 眠れなくても横になって、「骨休め」を!!

鼻ずまりがひどくなると、眠れなくなる人はいませんか?睡眠はホルモン、自律神経、免疫のバランスを安定させ、治癒力を高めます。とはいえ花粉症の時期は症状のために寝つきにくく、睡眠不足になりがち。布団に入る前にぬるめのお湯にゆっくり浸かり、心と体をリラックスすると効果的です。また、免疫力をつかさどる血液は骨で作られるので、体を横にして重力から解放する「骨休め」は、免疫力の高い血液作りのためにも大切。眠れない時は横になるだけでも免疫力アップにつながります。

以上がわたしが調べた結果です。

必ずしも効くかどうかは分かりませんが、皆さんも試してみてはいかがでしょうか!

ではでは、来週は佐々木憲教室長にブログを書いていただきましょう。

みなさんさようなら。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

YESパソコン学院 イオン渋民校

TEL.019-601-5315

URL http://www.yes-n.co.jp

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 花粉症・・・ではなく! | トップページ | 中華食べてきました♪ »

イオン渋民校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の花粉と対策についての件!:

« 花粉症・・・ではなく! | トップページ | 中華食べてきました♪ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ